本を持つ人

債務整理に悩んでいるなら専門家に相談しよう

浮気が原因で別れる場合は

割れたハート

状況によって異なる金額

不倫が原因で離婚をする場合は、慰謝料が必要になります。この慰謝料というのは、夫婦の一方の不倫が原因で、もう一方が受けた精神的苦痛に対して支払われるものです。その不倫がどのようなものであり、またどのような精神的苦痛を受けたかは、それぞれの場合で異なるため、離婚の際の慰謝料には明確な規定が存在しません。つまりケースバイケースになります。ただし過去の離婚裁判の判例などによれば、離婚も別居もせず、慰謝料のみで上限100万円程度、別居で200万円程度、そして離婚で300万円程度です。意外と少ないと思われるかもしれません。しかし有名人の離婚で慰謝料何億と報じられるのは、財産分与も含まれているためで、慰謝料自体はそこまで高額ではありません。また夫婦の年齢や婚姻期間、不倫関係にある期間の長さや、どちらに責任があるかなども、慰謝料の金額決定に大きく関わって来ます。一般に不倫相手との年齢差が大きいとか、婚姻期間が長い場合、不倫の期間が長く、しかも反省が見られない場合、夫または妻が不倫に積極的であった場合などは、金額は高くなります。それから精神的苦痛を受けた、つまり不倫によってうつ病になったりした場合は、必ず医師による診断書が必要になります。つまり、自分は精神的にこれだけの被害を受けましたという証拠が求められるわけです。また、夫または妻と不倫相手の間に子供がいた場合や、慰謝料を求める相手の収入が高額である場合は、やはり慰謝料増額の対象になります。